必見!セルフでヘアカットをする方法!!

2017年9月2日 更新

ちょっとだけ髪が伸びたときに、美容院に行かなくてもセルフでヘアカットできる方法がわかっていると、とっても便利ですよね。でも、失敗したくない!そんな人におすすめの、セルフでヘアカットできる方法をご紹介します。見てみましょう。

セルフカットヘアってどうしてる?

前髪や毛先のセルフカットヘア

前髪や毛先のセルフカットヘア

髪全体ができないとしても、前髪や毛先だけでも、セルフカットをしておしゃれしたいですよね。
失敗しない方法をご紹介します。

セルフカットヘアで準備するものって?

コームと専用のはさみ

コームと専用のはさみ

コームは目の細かいものがおすすめです。
また、髪の毛をカットするはさみは、髪専用のものがベスト。なければ、切れ味の良いはさみを準備して!工作用や切れ味の悪いはさみは、枝毛を作るもとになってしまいます。
ヘアクリップも必需品

ヘアクリップも必需品

髪をブロッキングするときに使うヘアクリップ。
髪量多い人や、ロングの人などは、大き目のヘアクリップがベストです。いくつか用意してくださいね。
ヘアクリップで髪をブロッキング

ヘアクリップで髪をブロッキング

ブロッキングしていない髪に直接はさみを入れるのはNG。確実に失敗します!
髪を左右に分けて、髪量に合わせて細かにブロッキングしましょう。そこからセルフカットがはじまります。

セルフカットヘアとはさみの入れ方

はさみは縦?横?

はさみは縦?横?

はさみは縦に入れるといいといわれていますが、実際はどちらでもOK。
大切なのは、頭皮とはさみの位置なんです。
頭皮とはさみの位置を確認

頭皮とはさみの位置を確認

頭皮に向かって、はさみを平行に入れると、髪に段差ができます。
また、頭皮に向かって斜めにはさみを入れると、髪が平行に。少量ずつはさみを入れていきましょう。

毛先のセルフカットってどうやるの?

枝毛など気になる場所をチェック

枝毛など気になる場所をチェック

毛先で枝毛など、気になる場所をチェックしたら、どのくらいの長さをカットするのか決めましょう。
毛先を取り分けてカット

毛先を取り分けてカット

傷んでいたりする毛先は、しっかりと手でおさえて、長さを確認しながら少量ずつカットします。
髪をすく感じではさみを入れてくださいね。

前髪のセルフカットって、どの方法が正解?

立ち上がりの髪を計算して

立ち上がりの髪を計算して

前髪はカットした後に、少し立ち上がるので、その分を計算して少し長めにカット。
この場合も、少量ずつが基本です。
鏡でチェック!

鏡でチェック!

左右の長さがあっているかどうか、鏡でチェックしながら前髪をカットしてくださいね。
いかがでしょうか?セルフでできるヘアカットの方法をご紹介しました。
前髪やちょっと伸びた髪の毛は、セルフカットしていつもおしゃれでいましょう。少しずつ練習すると慣れてきますよ。頑張ってチャレンジしてくださいね。

元のページを表示 ≫

関連する記事

1 件

この記事のキーワード

この記事のライター

ハルハル ハルハル