もう夏は目前!小顔効果のあるブロンズカラーを使った、ヘルシーでクールな印象の今年風夏メイクを先取り

2017年7月14日 更新

夏のメイクに欠かせない、ブロンズカラー

日焼けをしたようなヘルシーな印象を与えてくれ、さらに引き締め効果もあるブロンズカラーは、わたしも大好きな色です。

さまざまなブランドから発売される夏コスメのなかにも、ブロンズカラーメイクアイテムがたくさん!

今回はもうすぐ来る夏に向けて、ブロンズカラーのアイテムを使った夏にピッタリのヘルシーブロンズメイクをご提案します♪

 

【アイメイク】

メイクの要ともなるアイメイクは、ブロンズカラーだけでなくラメが入っているとさらに夏っぽいキラキラした印象

リンメル『ショコラスウィート アイズ(014)』
シュウ ウエムラ『メタルインク アイライナー(ME ブラウン)』

アイシャドウで使用したリンメル『ショコラスウィート アイズ』014は、肌なじみの良いブラウン系カラーが揃ったパレット。

まず、一番上のハイライトベースカラーをまぶたの全体から目頭、涙袋までのせて、目元を明るくします。

次に、上から2番目のオレンジ系のブロンズカラーをまぶた半分と涙袋にしっかりと。

続けて上から3番目のブラウンを目尻からぼかすように中心に向かってのせて、最後に右下のラメ感の強いシャンパンカラーをまぶたの真ん中部分にのせます。

アイライナーは、メタリックなラメ感が特長のシュウ ウエムラ『メタルインク アイライナー』ブラウンを。

目尻より長めに引くのがポイント♪

リキッドライナーなので、キャットアイもスルスルと簡単にできますよ。

最後にマスカラを塗れば、キラツヤな夏のブロンズアイメイクが完成!

ブラウンの影の効果で目元に奥行きも出て、クールな印象の瞳に

 

【リップメイク】

リップはあまり発色しすぎると派手になってしまうので、なじみの良いオレンジやピンクベージュ系のものがオススメ。

MAC『リップガラス(ニンフェット)』

以前記事にも書きましたが、常に持ち歩いているほど愛用しているMAC『リップガラス』ニンフェット

ベースはピンク系のグロスですが、ゴールドのラメが入っているためほんのりオレンジ系に

主張しすぎない発色なので、ブロンズメイクにもピッタリな一本です。

 

【フェイスメイク】

フェイスメイクは、ブロンザーとハイライトでコントゥアリングメイク、さらにチークもブロンズカラーでとことんヘルシーに!

メイベリン『フェイスステュデュオ Vフェイス デュオスティック(02 ミディアム)』
ETVOS『ミネラルブロンズグロウ』

ブロンズメイクには、真っ白な肌よりも引き締まった骨格メイクがマスト!

まずはメイベリン『Vフェイス デュオスティック』を使ったコントゥアリングメイクをします。

ブロンザーを顔周りを中心とした引き締めたい箇所に、ハイライトを頬高や鼻筋にササっと引いて、指かスポンジでなじませます。

チークは、一気にヘルシーな印象になれるETVOS『ミネラルブロンズグロウ』をON。

指でトントンと叩くようになじませていけば、たちまちナチュラルなブロンズチークになります

日焼け感を出したい人は、鼻上に少しのせても◎

これでブロンズメイクが完成

日焼け感もありフレッシュな印象になりました。

目元のラメやハイライトのツヤも、夏っぽいですよね!

猛暑になりそうな今年の夏。

夏にピッタリなブロンズメイクで、暑い夏も楽しんでくださいね

 

------------------------------------------------------
【Not sponsored】この記事はライターや編集部が購入したコスメの紹介です。
------------------------------------------------------

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

FAVOR FAVOR