くせ毛どうにかしたい!毎日のお手入れで髪質を改善する方法まとめ

2017年11月11日 更新

後天的にくせ毛になるの?

生まれつきじゃない!くせ毛の原因

'399'

「くせ毛は生まれつき」と思っている人も多いかもしれませんが、実はそうではありません。年齢による変化やストレス、睡眠の質など、日々の生活習慣もくせ毛の原因になります。後天的にくせ毛になった人は、くせ毛を改善しやすいんですよ!

 

タオルドライを一工夫してみる

水分量が少ないのが悩み

'399'

髪の水分量が少ないのがくせ毛の特徴です。まずは、タオルドライを見直してみましょう。洗髪後は、早く水分を飛ばしたいですよね!ついゴシゴシと拭いてしまう人もいるのでは?しかし、そこはぐっと我慢!洗髪後は、まず髪全体を包み込むようにタオルを被せましょう。

 

摩擦は傷みの原因にも!

'399'

拭くときのポイントは「摩擦」です。実は、乾いた髪よりも濡れた髪の方が傷みやすいってご存知でしたか?摩擦が起こらないように“ポンポン”と優しく叩くように拭きましょう。間違ったタオルドライは、くせ毛になる危険性も!

 

最後は粗いクシで仕上げよう!

'399'

仕上げに粗いクシを使って、水分を下に流しましょう。根元から毛先へと流れるようにクシを通すのがポイントです。これだけでドライヤーを使う時間を短縮できるだけでなく、髪の傷みを最小限に抑えてくれますよ!タオルドライで“どれだけの水分を飛ばせるか”がカギとなりそうですね。

 

ドライヤーの使い方でくせ毛が落ち着く!

トリートメントは、忘れずに!

'399'

タオルドライが終わったら、今度はドライヤーの登場です。すぐにでも乾かしたいところですが、乾かす前に保湿剤をつけてドライヤーの熱から髪を守りましょう。このとき、髪全体にしっかりと馴染ませてくださいね!つけ過ぎには、注意しましょう。

 

根元から毛先がポイント

'399'

ドライヤーは、根元から乾かすのがコツ!毛の流れに逆らわず、上から下へと乾かします。広範囲に熱が当たるように、ドライヤーを頭から少し離して乾かしてくださいね!髪を少し引っ張って、くせ毛を直すイメージで乾かすと良いですよ♪

 

手グシなら傷みも最小限に!

'399'

クシを使って乾かす人も多いかもしれませんが、できるだけ手グシで乾かしましょう。ブラシの使いすぎも髪の傷みの原因になるので注意が必要です。乾かしすぎると乾燥して髪がパサパサに!少し水分が残るようにしてくださいね。最後は、冷風で仕上げます。

 

冷風機能使ってる?

'399'

実は優秀、冷風機能!冷風を使わないなんてもったいない。髪に艶が出るだけでなく、うねりを抑えてくれる効果も。熱を冷ましてくれるので、髪の傷みを軽減することができるのはもちろん、冷やすことでキューティクルを閉じてくれるのでうるおいのある髪質にしてくれます。

 

軽視できないアウトバストリートメント

必須アイテム!アウトバストリートメント

'399'

ダメージから髪を守ってくれるだけでなく、補修までしてくれるアウトバストリートメント。髪にうるおいを与えてくれるので、くせ毛さんには必須です。種類が豊富でどれを選んでいいのか悩んでしまいますよね。オイルやジェル、ミストタイプのものまでありますよ♪

 

自分の髪質を見ながら選んでみて♪

'399'

トリートメントを選ぶときは、その効果や自分の髪質に合わせたものを選ぶようにしましょう。乾燥しやすいくせ毛さんは、保湿効果が高いものを選ぶと良いですよ!毛先は特に傷みやすい箇所なので、しっかりとトリートメントを馴染ませてくださいね♪

 

早速、今日から実践!

「毎日お手入れをするのは少し面倒」と感じるかもしれませが、毎日の努力が綺麗な髪質へ繋がります。ポイントを押さえてうねりのないストレートな髪質を目指しましょう。くせ毛が直れば、ヘアセットも楽になりますよ!ぜひ実践してみてくださいね♪

 

1 件
続きを読む

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のライター

HAIR HAIR