【顔の形別】小顔に見えるスタイルはこれ!前髪を使ったマジック、教えます♡

2017年9月3日 更新

ベース型×小顔前髪スタイル

ふんわりエラをカバー

黒田

エラが張っているため、顔が大きいわけではないのに大きく見えがちです。
気になるエラをカバーする髪型がおすすめです。
サイドの髪をふんわりと頬にかかるように切れば、エラも目立たなくなります。

 

前下がりのショートヘア

Seiichi

前下がりのショートヘアやボブヘアは、エラ張が気になる方におすすめです。
毛先に動きを持たせて目線をうまくずらしましょう。
ナチュラルなヘアスタイルですが、ベース型の方に特におすすめです。

 

ベース型のアレンジ

及川翔

ベース型の方は、ストレートヘアよりも断然パーマヘアのほうが似合います。
ふんわりとボリュームを出すことで、エラの部分が目立たなくなり、優しい雰囲気になりおすすめ。
前髪も伸ばしたほうがエラが目立ちません。

 

卵型×小顔前髪スタイル

サイドをふんわりさせる

SORA

大人っぽく落ち着いた雰囲気に見られる卵型の方は、顔の長さをカバーしながら、若々しく見える髪型がおすすめです。
サイドをふんわりとさせる髪型なら、縦が強調されずやさしい雰囲気になります。

 

前髪はおろす

植原健太

前髪はおろしたほうが、縦のラインが強調されません。
子どもっぽくなりやすいぱっつん前髪でも、卵型の方なら似合います。
目の上ギリギリにカットすると、目ヂカラアップも期待できておすすめです。

 

卵型でショートにするポイント

柾木

卵型の方がショートヘアにチャレンジするなら、ふんわりサイドに広がる髪型がおすすめ。
前髪はおろして、トップにボリュームを付け過ぎないこと。
頬のラインでふんわりと広がるパーマヘアで面長をカバーしましょう。

 

四角型×小顔前髪スタイル

ふんわりヘアで平面をカバー

小島翔一郎

顔が横に長く頬骨が張っていると、顔が大きく見えてしまいます。
顔のラインが出る髪型よりも、自然と顔の輪郭をカバーするヘアスタイルがおすすめ。
平面的なラインをカバーするためにパーマをかけましょう。

 

センターパート

前髪はセンターパートがおすすめです。
おでこに空間を作るほうが、顔に抜け感ができてすてきです。
前髪を作るよりも、長めにカットして、中心部分から分けてみましょう。

 

面長×小顔前髪スタイル

ふんわりパーマスタイル

Fringe

卵型に近い顔型ですが、卵型の方より縦が強調されやすく、顔がほっそりとしているのが特徴。
そのため、髪型はサイドにボリュームを付けるようにしましょう。
ふんわりとしたパーマなら簡単にボリュームが出せます。

 

女子力アップなロブ

dee

毛先をワンカールさせたロブも、面長さんにはおすすめです。
サイドをすっきりとまとめる髪型よりも、ダウンヘアにして横幅を出したほうがかわいらしい印象になります。
女子力アップしたい方にもおすすめです。

 

顔型別でヘアスタイルをチェンジ

似合うヘアスタイルがわかったら、あとはチャレンジするだけです!

気になっていた部分をカバーするだけで、小顔に見えてくるから不思議です。
顔はそんなに大きくないのに大きい印象を与えてしまっている方は、髪型をチェンジしてみましょう。

 

1 件
続きを読む

この記事のキーワード

この記事のライター

HAIR HAIR