髪型の名前がわからない!正式名称が知りたい方のための人気の髪型まとめ

2017年8月19日 更新

ショート系の髪型の名前

ショートボブ

大西

サイドと後ろの長さが同じくらいで、横と後ろのつながり感のあるスタイル。
優しい感じの丸みが女性らしさを演出します。
段を入れてグラデーションを作るとカジュアルな印象に。

 

マニッシュショート

佐藤

マニッシュとは、男の子っぽいスタイルのこと。
男の子のようなショートスタイルのことを言います。
前髪を長めにすると、少年っぽさのなかにも女性らしさがあふれるスタイルです。

 

ミディアム系の髪型の名前

ミディアムレイヤー

大島

段を入れてレイヤー(層)を作った定番スタイル。
レイヤーを入れることで髪全体が軽くなり、毛先に動きが出て自然なスタイルになります。
スタイリングがしやすいのもメリットです。

 

ナチュラルフェミニンボブ

笹次

フェミニンとは女性らしいという意味。
女性らしさを強調したイメージが愛され女子にピッタリ。
柔らかくふんわりしていて、ちょっぴりルーズで自然なスタイルです。

 

ボブディ

大島

ボブ+ミディでボブディ。
ちょっぴり長めの中途半端な長さのボブのことを言います。
毛先に段を入れたり、内巻きにしてワンカールボブにしたりとアレンジも自由自在です。

 

ロング系の髪型の名前

ゆるリッチウェーブ

清井

その名の通り、ゆるくてふわふわルーズな大きめウェーブ。
大きめのロットで自然な仕上がりに巻いて、リッチな女性らしさを演出します。
スタイリングも簡単なのがうれしいですね。

 

ニュアンスロング

小山

レイヤーやカラー、巻き方などでニュアンスを加えたロングのこと。
ゆるふわウェーブよりも、こなれた感を出せます。
アクティブにも洗練された大人の女性の雰囲気にも演出可能。

 

ヘアアレンジの名前

ハーフアップ

伊藤

後ろの髪のうち上半分だけアップにしたスタイルで、簡単アレンジの定番です。
トップから髪を持って行っても、サイドから持って行ってもOK。
オフィスからパーティーまで幅広く使えます。

 

シニヨン

栗山

毛束をくるっとまとめた、いわゆる【お団子ヘア】です。
きつめに作ると野暮ったくなるので、ふんわりルーズに作るのがポイント。
作る位置によって雰囲気もグッと変わります。

 

ポンパドール

alisa

前髪をふわっと立ち上げて高さをつけて、後頭部でまとめたスタイル。
おでこを出すことで顔の表情が明るく見えて、女の子らしい優しい印象になります。
特に丸顔さんにおすすめです。

 

知っていると髪型を探しやすい

してみたい髪型などを雑誌やインターネットなどで検索するときに、正式名称を知っていれば何かと便利です。
よくわからない時は、美容院で写真を見せて美容師さんに教えてもらってもいいですね。
曖昧に覚えていることもあると思いますので、再確認してみてもいいかもしれません。

 

1 件
続きを読む

この記事のキーワード

この記事のライター

HAIR HAIR